話題のニュース

ちむどんどん批判なぜ?ひどるぎると言われる理由まとめ

2022年4月から放送されている朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」。

沖縄を舞台に4人兄妹の次女である暢子が成長していく物語となっています。

しかし、この物語に批判的な意見が続出しているというのです。

一体なぜ、このような事態となってしまったのでしょうか…

そこで今回は

  • 【ちむどんどん】批判が相次いでいるってほんと!?
  • 【ちむどんどん】ひどすぎると言われている理由って!?

についてまとめました。

スポンサー

【ちむどんどん】批判が相次いでいるってほんと!?

ちむどんどん
出典元:CREA

沖縄編と東京編に分かれて放送されているちむどんどん。

沖縄編から批判的な意見は出ていたようですが、2022年5月16日~東京編に変わりここでもSNSでは

【脚本・展開が雑すぎ!】

という厳しい意見が相次いでいるとのこと。

では、早速どんな声が浮上しているのか見てみましょう。

【ちむどんどん】視聴者の声(批判的意見)

まずは、批判的な意見からです。

今週もひどいなと録画分を見てたんだけど、色んなものを犠牲にきた上でオープンさせる店の準備中に、暢子の妊娠匂わせで終わらせるとは…頭抱えちゃうな…

惰性で見とるけどほんまに酷いでこれ。酷すぎて見ずにはおられない

もうリタイヤしちゃったし、ちむどんどんはなぜこんなにひどいのかって話にさえ飽きた。あとはドラマ終了後、一日も早く黒島結奈のマイナスイメージが払しょくされることを願うだけ

なかなか、厳しい声が多いことがわかりますね。

既に見なくなったという方もいるということなので、本当に酷い内容なのでしょう。

【ちむどんどん】視聴者の声(肯定的意見)

批判的な意見が多い一方、中には肯定的な意見もあるので早速見てみましょう。

毎日楽しめる見ている連続テレビ小説ちむどんどん。毎回元気を貰える。一難去ってまた一難で、毎回、家族や友人などの周りの人達の絆で乗り越える。批判している人も多いけど、毎日ちゃんと見ているのが面白い。

「ちむどんどん」叩きがSNS上等々で目につくが、そもそも、ケチをつけたくなるほど重しくなければ見なけりゃいい、それでも何故か見ては難癖つけてるのは憂さ晴らしにでもなるのか…自分はそれなりに見ている、結構面白いから、まあいずれにしても話題性ありということなんだろう。

深く考えればきりがないけど、取り合えず私は面白いと思うし、毎日楽しみに見ているわよ。

このように、面白いという方がいるのも確か。

批判的な意見と肯定的な意見が分かれるということは、見ている側の受け取り方や感じ方の違いが大きいということなのでしょうね。

スポンサー

【ちむどんどん】ひどすぎると言われている理由って!?

ちむどんどん
出典元:Twitter

批判的な意見が相次いでいるちむどんどんですが、その理由についてご紹介していきます。

【ちむどんどん批判理由】①脚本

羽原大介
出典元:琉球新聞

1つ目は先ほどもご紹介したように脚本そのものが既にひどいということです。

ちむどんどんの脚本は原作やモデルのない完全オリジナル版で、脚本家は羽原大介さん。

過去には朝ドラ「マッサン」の脚本も手掛けている方なので、脚本がひどいということなのないと思うのですが、

ちむどんどん、脚本があまりにも雑いと思うの

ちむどんどん、正直展開早くてついていけない。脚本もう少し引き伸ばしてもいいのでは?

という意見が。

朝ドラは半年もの長期に渡る放送ですし、15分という短い尺で毎朝刻むものなので、脚本作りは非常に難易度が高いと言えるでしょう。

視聴者の期待度が高かっただけに、脚本のクオリティも高いものが求められ、不満に繋がったのではないでしょうか。

【ちむどんどん批判理由】②つじつまが合わない

2つ目はつじつまが合わないということです。

暢子を東京に行かせるという困難な状況を作り出すためだけに借金が使われている。貧しければ貧しいほど夢を叶えたときの感動が大きいという幻想。に制作陣がとらわれていて脚本が破綻している。つぎはぎだらけの物語。つじつまがすでにあってない。

少し真面目は話をすれば、この作品の問題は、フィクションのリアリティラインが把握しづらい点にあると思う。現実とつじつまが合わないこと自体が悪いのではなく、虚構としての現実性が、一貫していない。デフォルメの度合いが急に変わるから、視聴者が混乱してしまう。

とこのように、つじつまが合わないことに違和感を覚え、それが積み重なって離脱してしまった人もいるようです。

【ちむどんどん批判理由】③過程を描いていない

3つ目は過程を描かないということのようです。

朝ドラの良いところは、毎朝放送があるので少しずつ過程を見せながら進んでいけることではないでしょうか。

しかし、ちむどんどんでは唐突に話題が展開することが多く、過程がすっぽり抜けてしまているようですね。

このドラマ過程を描かないんだよな。暢子が料理を好きになっていく過程、ナポリタンやフライドポテトはなぜ知ったか、東京へ行きたいきっかけは何か、ニーニーがボクシングで努力している描写。本当なんでも突然降ってくるんだよなあ。見てるこっちがまさかや₋の連続。

と過程がないだけに視聴者は急展開するドラマと思ってしまうのでしょう。

ちむどんどんで描かれている登場人物の成長ぶりや日々の変化を楽しみたい視聴者にとっては、過程がわからないことで面白くないと思ってしまいますし、雑と言われている理由にもなっているのではないでしょうか。

【ちむどんどん批判理由】④お金にルーズで借金だらけ

比嘉家
出典元:プリ画像

4つ目はお金にルーズで借金だらけということです。

ちむどんどんでは話が展開する時には必ず借金がついてまわっています。

冷静にお金の流れだけ考えてみた。父親が作った借金を伯父が肩代わり→兄が持ってきた儲け話の為に更に伯父から借金→その穴埋めの為に母親は職場から借金→姉も職場から借金→その穴埋めの為に兄は職場から借金。っ全てのお金が借金で回ってる。狂ってるとしか思えない…

いくら借りてるのかさっぱりわからないので、画面の右上くらいに「比嘉家の借金・残り1000ドル」とかいつも出して、何か起こるたびにパタパタとその金額が変わるようにしてほしい。3か月後に日本円になる。これをいかに返していくかというサバイバルドラマに今からするのはどうかしら

と確かにお金が常について回っているような同じ展開だと視聴者も「またか」と思ってしまいますよね。

借金に対し家族一丸となって取り組む姿勢を映す方が面白いドラマになるかもしれません。

【ちむどんどん批判理由】⑤反省していない

5つ目は比嘉家が反省していないということです。

兄の賢秀は仕事もせずに暴れたり自分勝手な行動を取ることが多いのですが、そういう場合って当然謝りににいくのが普通。

しかし、ちむどんどんでは謝りにいかないというところが反省していないと捉えられてしまっているようです。

賢秀謝りに行かないのは無理~反省してないの無理~

この家族苦手。何回も謝ってるけど、告訴の取り下げとか、お金のためにその場しのぎで頭下げてるだけで誰も反省してない

お金のために愚行を繰り返してしまう比嘉家の行動は、反省していないように思うのでしょう。

ドラマだから…と割り切ってみると特に気にならないとは思うのですが、様々な問題が続出していることから割り切れない方が続出しているということのようですね。

【ちむどんどん批判理由】⑥モヤモヤする

6つ目はモヤモヤするということです。

話題の展開が唐突だったり、反省していなかったりで、ちむどんどんの中で気持ちのやりどころがない場面が多いことは承知の通りだと思いますが、それに加えてモヤモヤするという声も。

今のところ見ててモヤモヤするのは、暢子や比嘉家の無知も準備不足も甘えもそうだけど、それが致命的な壁とならずに行き当たりばったりで何とかなっちゃってるから、深みもなければ重みもない、モヤモヤが昇華されないんだよね…。

もはや「ちむどんどん」の楽しみ方は、鑑賞後にモヤモヤしながらTwitterを開き、ちむどんどん反省会のツイートを観て、様々な人に共感することになっている。

ドラマ内で消化できずにモヤモヤが残った結果、SNSで気持ちをぶつけあうのが楽しみという新たな向き合い方まで生まれているようですね。

実際、SNSでは「#ちむどんどん反省会」というハッシュタグでいろんな意見が盛んに交換されています。

なかなか、こんな朝ドラ珍しいのではないでしょうか。

【ちむどんどん批判理由】⑦母・優子にイライラ

7つ目は仲間由紀恵さん演じる母の優子に対しイライラするということです。

父・賢三亡き後、家庭を金銭的にも精神的にも支えてきた優子。

その母が兄の賢秀にとにかく甘々なんです!

賢秀 反省してないと思ったら 悪いと思ってない。 それを母は叱らないし、 守ろうとしてる。 優子さん、いい加減にしてよ

毎回少しもちむどんどんしない展開で「ちむどんどんするー」を連呼する暢子、 とんだダメ男のにーにー、 逃げてばかりいる歌子、 にーにーに甘いだけで筋の通っていない優子、 誰にも感情移入できず、イライラするなあ。

仕事もしない息子を見守って怒りもしない優子の姿勢には何か意図があるのだと信じたいのですが、それがなかなか見えてこない現段階ではイライラする方が多いのもわかる気がしますよね…

【ちむどんどん批判理由】⑧兄・賢秀にイライラ

竜星涼
出典元:スポニチ

8つ目は竜星涼さん演じる兄・賢秀にイライラするということです。

このドラマは兄の賢秀のろくでもなさが最大限に出ていると言っても過言ではないでしょう。

働かない、騙される、逃げるなど、次々に問題を起こして、それに対し謝らず反省しない。

賢秀は出てっても問題なし、生活費減ってラッキー。そもそも謝らない性格もあり得ないし妹傷ついてるのに料理しててなおかつ腹減った早く作ってってどんだけ無神経なの? ほんでまた怒らない母親よ、なんなんこの家族 見てたらイライラするけどなぜか見ちゃう

あー。賢秀の何が腹立つって、家族の前で開き直るからだよな。

賢秀は家族の前でもへらへら開き直った態度を取っているので、全くちむどんどんできません。

優子へのイライラと相まって賢秀もとなると、毎回腹が立って見るのが嫌になるという方の気持ちがわからなくもないですよね。

スポンサー

【ちむどんどん批判理由】⑨暢子のマナーがひどすぎる(共感できない)

9つ目は暢子のマナーが悪く共感できるところがないということです。

東京編がスタートして訪れたレストランのシーンで、暢子のマナーがあまりにもひどいと話題に。

  • 敬語を使わない
  • 大声を出す
  • 食べる時に髪の毛を結ばない
  • サンダル履き
  • 態度がなれなれしい

など。

この行動で落ち着いて見ていられないという視聴者が続出しました。

共感性羞恥心気味な私は、暢子が恥ずかしくて見てられなくて、結局今週分の録画も数分で終わりに… 小学生の暢子のが、もう少しマナー良かったよね? 那覇のレストランできちんと食事できてたような。

暢子のキャラクターでもあるとは思いますが、最低限のマナーを守ることは大事ですよね。

また、暢子の恋模様ですが、暢子より飯豊まりえさん演じる愛を応援したくなった方も多いのではないでしょうか。

脚本では、暢子と和彦が惹かれ合った理由や経緯、また素敵な女性だった愛よりも暢子を応援してくなる要素がもっと欲しかったところですね。

「そう言えば、和彦と暢子は結婚してたんだ」と今朝ふと気づいた。これほど思い入れ、共感を呼ばない夫婦も珍しい。二人が心から引かれ合う場面が全然なかったものね。

と、恋模様に関しても過程がないばかりに暢子に共感できる場面が全くないというのも問題なのかもしれません。

【ちむどんどん批判理由】⑩ストーリー展開が単純

10個目はストーリー展開が単純ということです。

歴代の朝ドラを振り返ってみると、朝ドラの役割や視聴者層から大筋で同じような展開になってる気がしますが、ちむどんどんも例にふれず、この先ベタな展開が想像できて面白くないという意見が浮上しています。

なんか、暢子がこのレストランで働き始めるんだろうけどこのままだと下っ端として芋の皮むきしろ!とか言われても「ウチは料理をしに来たのになんでこんな雑用ばっかりなわけ!?」とか言うベタな展開きそうだな~とか思った。

ちむどんどん、なんとか脱落せずに見てるけど最近の朝ドラの中でダントツつまらない。 登場人物、脇役までもステレオタイプ過ぎる(商社社長とその一味、恋のライバルなど 嫌なやつはとことん嫌なだけのやつで朝から不愉快過ぎ) 展開がベタ過ぎる。こうなるのでは?とおもったその通りにしか進まない

「思った通りにしか進まない」と落胆の声も聞こえてきますね。

今後想像を覆すような方向に進めば、面白いという印象に変わるかもしれません。

スポンサー

【ちむどんどん批判理由】⑪沖縄の歴史の描き方がひどすぎる

沖縄
出典元:Twitter

11個目は沖縄の歴史の描き方がひどすぎるということです。

2022年は、沖縄本土復帰50年。

この朝ドラも本土復帰にちなんで企画されたものだと思うのですが、やはり視聴者の中には、「この頃の沖縄の歴史についてもっと深堀りした脚本がよかった」という気持ちがある方も多いかもしれません。

NHKは数日に渡って沖縄返還の特別番組をいろいろと放送してたけど、時間と視聴率を取れるはずの ちむどんどん は沖縄返還前~のドラマのはずなのに全く描かれていない。アメリカ人は誰ひとり出て来なかった。返還迄の諸々も皆無。何のための沖縄設定?何のための時代設定なの?

「これ以上酷くはならないだろう」と思っていたら、まさか沖縄返還をナレーションで済ませるとは。ついに一番やっちゃいけないことを土足で思いっきり踏み抜きやがった。

あっという間に、本土復帰が決まり、その日に上京してきた暢子。

借金騒動で一杯だった沖縄編をそのころの歴史描写とともに、もっと丁寧に描いて欲しかった気もしますね。

【ちむどんどん批判理由】⑫沖縄を卑下している

12個目は沖縄を卑下しているということです。

沖縄編でがっかりが続いていた視聴者の中には、東京編に期待をする声も多かったようです。

しかし、東京が沖縄を卑下するような場面が見られたとのこと。

東京編になって一層沖縄の方々を見下す言動に加え相も変わらず微塵も笑えない軽薄コント、もう手遅れかもしれませんが制作陣こそ当タグに目を通し反省会するべきです。 会長 具志堅用高さんの言葉が唯一まともだった東京編スタートでした。

沖縄編は制作費の都合もあるのでそこそこに…東京編からが本番で面白くなるんで!」ということかな?と思って観てみたが、今までで一番ヒドイ回だった。沖縄にも当時の東京にもリスペクトを感じない。若干の怒りすら覚える。

東京と沖縄、都会と田舎という関係はちむどんどんの話を進めるのに必要だと思いますが、それぞれにリスペクトを感じられなかったというのは残念でしたね。

【ちむどんどん批判理由】⑬前作の方が断然面白かった

13個目は前作の方が断然面白かったということです。

ちむどんどんの前は「カムカムェブリバディ」が半年間に渡って放送されていました。

カムカムは3人のヒロインが3世代に渡って紡ぐストーリーで大人気のまま幕を閉じています。

ずっと朝ドラを見ている視聴者にとっては前回の作品と比べてしまうのは当然かもしれませんね。

もう酷すぎて我慢できない。そうかもう見なきゃいいんだ。って気付いてしまった。脚本も演出も音楽も何がいいのかさっぱり。うるさすぎる。雑。沖縄ってこんなんじゃないと思いたい。 おかえり、カムカムと面白かったのだけど。それは感謝です。 さようなら。朝ドラ

カムカムで半年間楽しんで視聴者は、ちむどんどんでこれまで挙げてきたような不満が積み重なってしまい、批判に繋がったと思われます。

ちむどんどん批判なぜ?ひどすぎると言われる理由まとめ

今回は、朝ドラ「ちむどんどん」の批判についてその理由をご紹介してきました。

様々な意見がたくさんありましたね。

肯定的な意見もありましたが、やはり批判的な意見が多かったように思います。

ドラマもそろそろ中盤に差し掛かってきているところなのですが、今後このような批判的な意見が少しでも減ってくれることを願います。