MENU
宝塚歌劇団

【宝塚宙組】退団者&解体の危機!いじめで大量に退団確実

宙組のイジメ問題が明るみに出たことで、宝塚歌劇団全体が直面している課題と未来について、ファンや関係者からの視点で考察します。

  • 宙組の存続と新生宙組の可能性
  • 今後の公演と新メンバーへの期待

すでに文春砲で多くの情報が出回っています。その情報が真実であれば今後、解散や大量退団も現実味を帯びてくるでしょう。




【宝塚宙組】退団者&解体の危機!いじめで大量に退団確実

いじめや過労死などイメージが悪くなるワードが次々に浮上していますね、宝塚歌劇団としての説明責任を果たして欲しいですね。

優希しおんさんと花宮沙羅さんは、2023年12月14日をもって退団することが公表されている。特に優希しおんさんは、過去の報道で有愛きいさんとの関連が取り沙汰されていた。彼女は元プロ野球選手の清原和博さんの従姪としても知られている。

また、今年1月には、元宙組トップの真風涼帆さんに関する記事が出て以降、宙組からは10名もの退団者が出ているとのこと。以下は、2023年の宙組退団者の一部である:

  • 1月:朝木 陽彩、明希翔 せい
  • 6月:湖風 珀、潤 花、澄風 なぎ、紫藤 りゅう、秋音 光、真風 涼帆、寿 つかさ
  • 8月:栞菜 ひまり

これらの退団者たちの中には、宙組の歴史や伝統を築いてきたベテランから、新しい風を吹き込む若手まで様々なメンバーが含まれている。彼らの退団は、宙組にとって大きな損失である一方、新たな才能や風が舞台に吹き込む可能性も秘めている。

宙組の存続が危ぶまれる中、新生宙組の可能性や新メンバーへの期待も高まっています。特に、新しい生徒たちがどのような活躍を見せるのか、そしてこれからの公演がどう影響を受けるのかが注目されています。新メンバーがどのように過去の問題を乗り越え、新しい風を吹き込むことができるのか、ファンとしても期待と不安が交錯しています。

宙組の退団者30名!大量退団が現実味に!

  1. 退団を検討するタカラジェンヌたち: いじめ問題の影響で、宙組内部では複数のタカラジェンヌが退団を視野に入れており、その数は「宙組全体の半数近い、20~30人規模」と報じられています。大量退団が実現すれば、公演の維持が困難になる可能性があります。
  2. いじめ疑惑のタカラジェンヌ: いじめ疑惑の中心にいるとされるタカラジェンヌは、宙組内で人気が高い「幹部」たちであり、彼女たちが有愛さんへのいじめに「加担」していたという内部情報が寄せられています。

休演が続く宙組内部では、複数のタカラジェンヌが退団を視野に、事態の動向を見守っているという。その数は「宙組全体の半数近い、20~30人規模」(前出・宝塚関係者)と、大量退団まで囁かれている。

「もし大量退団となれば、公演を維持できません。5つある組のタカラジェンヌたちを大幅に入れ替え、移籍させるといったこともいわれていますが、各組にはそれぞれのカラーがあり、一朝一夕で出来上がったものではありません。そんなことをすれば、それこそ歌劇団そのものの崩壊を意味します」(演劇関係者)

 有愛さんの死が明らかになって以降、『週刊文春』には、複数の現役タカラジェンヌからの告発が相次いだという。

引用元;ヤフーニュース

宝塚歌劇団のいじめ報道は・・・

転落死した宝塚歌劇団の女性について
  • 先月30日、兵庫県宝塚市内の自宅マンションで25歳の女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
  • マンションの最上階には、本人のものとみられる荷物がありました。
  • 警察は、第三者が関わった様子はなく、自殺を図ったとみて捜査しています。
いじめの疑惑と歌劇団の反応
  • いじめが原因ではないかとの報道に対して、宝塚歌劇団は歌劇団内でのいじめを否定しています。
  • 今年2月、週刊誌で報じられていた「歌劇団内の上下関係」に関するトラブルについて、歌劇団は公式サイトで「事実に反する内容をあたかも真実であるかのように報道された」と抗議していました。
  • 会見では、歌劇団内で聴き取り調査した内容について明らかにされました。




【宝塚宙組】大量退団者が発生になる!?

  • ファンとのコミュニケーション強化
  • 透明性のある情報発信の重要性

宝塚歌劇団、特に宙組は、ファンとのコミュニケーションの強化と、透明性のある情報発信を心がけるべきです。特に、問題が発生した際の対応や、今後の方針についてオープンにコミュニケーションをとることで、ファンの信頼を回復し、新しいステージをサポートする土壌を作ることができます。

  • 110周年を迎える宝塚歌劇団の新たな一歩
  • 改革と伝統のバランス

110周年を迎える宝塚歌劇団は、これまでの伝統を守りつつも、新たな一歩を踏み出す必要があります。改革と伝統のバランスをうまく取りながら、新しい時代に合ったエンターテインメントを提供し、多くのファンを魅了するステージを作り上げていくことが、これからの大きな課題となるでしょう。

【宝塚宙組】大量退団の噂に組長やプロデューサーは?

  • 組長やプロデューサーの対応
  • 組内のコミュニケーションの問題

組長やプロデューサーもこの問題を黙認しているとされ、不満を訴えると「嫌なら辞めれば良い」と言われるなど、組織としてのフォローが不足しています。これが組内のコミュニケーションの問題を一層深刻化させ、メンバー間の信頼を失墜させています。特に、新入生が先輩に対して不信感を抱くことで、将来的にも組内の連帯感や協力関係を損なう要因となっています。

【宝塚宙組】大量退団者が出る背景にあるものは?

  • 宝塚歌劇団としての対応と改善策
  • ファンとの関係修復

大量退団の背景にある本当のものは?

宝塚歌劇団としては、この問題に対して真摯に向き合い、具体的な改善策や対応を明らかにすることが求められています。ファンとの関係修復も急募であり、情報の透明性を保ちながら、具体的なアクションを起こすことで、ファンの信頼を少しずつ取り戻していく必要があります。




【宝塚宙組】大量退団者の情報に世間の声は?

すでにショックすぎる情報に落胆する声が数多く上がっています。項目に分けてまとめていきます。

今後の対応に期待する声は?

  1. 期待とエール:
    一方で、退団するメンバーや残るメンバーに対して、支持やエールを送る声も多くあります。彼女たちがこれからどのような道を歩んでいくのかを温かく見守り、応援しているコメントも多く見受けられます。
  2. 改善と対応の要望:
    ファンからは、宝塚歌劇団に対して、イジメ問題への真摯な対応や、今後の改善策についての要望も強く出ています。特に、メンタルケアの体制強化や、組内のコミュニケーション改善、透明性のある情報発信などが求められています。

宝塚歌劇団の組織に対する声は?

  1. 組織への疑念:
    また、組織としての宝塚歌劇団への疑念や批判も散見されます。特に、イジメ問題がこれほど表面化するまでになった背後には、どのような組織的な問題があるのか、そして今後どのように改善していくのかについての議論や意見が多く交わされています。
  2. ショックと失望:
    ファンの間では、愛する宙組のメンバーが次々と退団していく様子に対してショックや失望の声が多く見受けられます。特に、イジメが原因である可能性が指摘されていることに対して、深い悲しみや怒りを感じているファンもいます。

これらの声は、宙組や宝塚歌劇団が今後どのように動いていくか、そしてどのようにファンとコミュニケートしていくかにおいて、非常に重要なポイントを含んでいます。公式がこれらの声にどう耳を傾け、そしてどうアクションを起こしていくかが、今後の宙組、そして宝塚歌劇団全体の未来に大きく影響を与えることでしょう。

sponsor