MENU
宝塚歌劇団

【有愛きい】いじめた主犯格が特定!?文春砲の匿名の人物誰?

宝塚歌劇団のいじめ疑惑の続報が、週刊文春で報道されています。

今回は、すでに報道されている内容を含めた、主犯格の特定についての記事となります。




【有愛きい】をいじめた主犯格は?文春は特定した?

いじめや過労死などイメージが悪くなるワードが次々に浮上していますね、宝塚歌劇団としての説明責任を果たして欲しいですね。

『「集団リンチのような目にあっていた」“タカラジェンヌ飛び降り事件”有愛きい(25)が死の2日前に浴びた“上級生からの罵声”「マインドがないのか!」「嘘つき野郎」』によれば、宝塚歌劇団の劇団員・有愛きいさん(25歳)が、2022年9月30日午前7時ごろ、兵庫県宝塚市のマンション敷地内で死亡しているのが見つかった事件について報じています。

引用元;週刊文春

記事は、有愛きいさんが亡くなる前日の29日に母親に「精神的に崩壊している」といった趣旨のメッセージを送っていたこと、また28日には同じ宙組の上級生から「集団リンチのような目にあっていた」との情報があることを報じています。具体的な状況や上級生からの言動についての詳細も記事に記載されています。

いじめの内容は、

  1. 前髪を作る方法の指導としてヘアアイロンでやけど
  2. 新人公演の小道具でいじめ
  3. 糾弾後、過呼吸中にさらに追い打ちをかけるいじめ
  4. 宙組組長とトップ男役の連日の執拗な叱責いじめ
  5. 4人の上級生からのリンチと罵倒いじめ
  6. LINEでの集中砲火いじめ
  7. 「休演」の不満を有愛きいの妹にライン電話でぶつけるいじめ

【有愛きい】をいじめた主犯格は何をした?

前髪を作る方法の指導としてヘアアイロンでやけど

報道されるまで「この件はなかったことになっていました。」前髪の作り方の指導中にヘアアイロンを有愛きいさんの額に火傷を負わせたという報道されています。この時、宙組娘役は2番手でもあった天彩峰里さんという報道でした。

新人公演の小道具でいじめ

新人公演の際に、小道具(かつらやアクセサリー)を何度も作り直すようにという命令をしていたという情報から、いやがらせ、いじめと言っていいようなことがおきていたようです。女優さんがやるべき仕事だったのか?周りのスタッフもこの事実を知っていたのかもしれないですよね。

「集団」でいじめをしていた可能性まで噂されています。

有愛きいの過呼吸中にさらに追い打ち

火傷事件の翌日には、「幹部部屋」で罵倒されていた

「いじめじゃないよね。わざとじゃないよね。」と圧力をかけた

記事については事実無言として、有愛きいさんに全ての責任があるという結論になっているようです。

この時、話し合いになった際に、「1人泣き崩れる有愛きいさんに対して、至近距離で「なんであんたが泣いているの?」と追い討ちをかけたと言われています。

しかし、週刊文春の記事について「事実無言」という情報があることから信憑性が疑われています。




有愛きいは集団リンチ「幹部から受けた?」

報道されたいじめの主犯格4人

いじめ主犯格の上級生4人: いじめの主犯格として名前が挙がっているのは、松風輝、芹香斗亜、花菱りず、優希しおんの4人です。これらの上級生から有愛きいさんは集団リンチのような目に遭っていたとされ、舞台の出番直前まで大声で詰められたり、休憩中にも代わる代わる延々と詰められるなどの被害にあっていたことが報じられています。

宙組組長とトップ男役の連日の執拗な叱責いじめ

宙組男役トップスターに呼び出されては、怒鳴られたという情報もありました。

下級生によって演じられる新人公演でも、リーダーシップを取るようにと、有愛きいさんはトップスターに詰め寄られています。

宙組男役トップスターに呼び出されては、怒鳴られたという情報もありました。

下級生によって演じられる新人公演でも、リーダーシップを取るようにと、有愛きいさんはトップスターに詰め寄られています。

4人の上級生からのリンチと罵倒いじめ

宙組の四人の先輩から「下級生の不手際はすべてお前の責任」、出番前まで執拗に付き纏って大声で罵倒していた。

休憩中にも関わらず、目を背けたくなるような「集団リンチ」が行われていたようです。「マインドが足りない」「この嘘つきが!」上級生から罵声

と報じられています。

他にもLINEでの集中砲火疑惑や、有愛きいの妹へLINEで不満を電話でぶつけていたりと疑惑が募る一方ですね。

【有愛きい】いじめた主犯格が特定!?文春砲で特定された?

文春砲でも「特定した人物」は記載ありません。

宝塚歌劇団のコメントや今後の対応によっては何かしらの特定がされる可能性もありますよね。

【有愛きい】いじめた主犯格の上級生から罵声

「稽古中、有愛さんは4人の上級生から『下級生の不手際は、すべてお前の責任だ』と集団リンチのような目にあっていました。ある上級生から『マインドが足りない。マインドがないのか!』と罵声を浴びせられると、今度は別の上級生から『この嘘つきが!』『嘘つき野郎』と面罵されていました……」(劇団関係者)

引用元:週刊文春

報道の先輩4人が誰なのか特定されていません。94期以降トップスターで中でも有名な先輩について記載させてもらいます。

宝塚歌劇団トップスター

  • 94期生
    • 柚希礼音(元宙組トップスター)
    • 羽根知里(元星組トップ娘役)
  • 95期生
    • 珠城りょう(元星組トップスター)
    • 真風涼帆(元雪組トップスター)
  • 96期生
    • 月城かなと(元月組トップスター)
    • 愛希れいか(元花組トップスター)
  • 97期生
    • 凰稀かなめ(元宙組トップスター)
    • 美園さくら(元雪組トップ娘役)
  • 98期生
    • 壮一帆(元花組トップスター)
    • 紅ゆずる(元宙組トップスター)
  • 99期生
    • 明日海りお(元花組トップスター)
    • 環三千里(元雪組トップ娘役)


宝塚歌劇団の90期生から99期生までには、多くの才能あるスターが輩出されています。以下は、その中でも特に有名ないくつかの名前を挙げています。ただし、宝塚歌劇団には多くの優れたスターがいるため、ここに挙げた名前は一部に過ぎません。

これらのスターたちは、宝塚歌劇団での活動を通じて多くのファンを魅了し、多くの作品で主演を務めました。また、卒業後もテレビドラマや映画、舞台などで活躍しています。




有愛きい100期生!どの先輩にやられた?

有愛きいさんは宝塚歌劇団の100期生です。彼女は2012年に宝塚歌劇団に入団し、宙組に配属されました。彼女の死は多くのファンや関係者に衝撃を与え、多くのメディアでも報じられました。彼女の死後、いじめやパワハラが原因ではないかとの憶測が報道などで取り沙汰され、多くの議論を呼んでいます。

100期生:寿つかさ

寿つかさ(Kotobuki Tsukasa)は、宝塚歌劇団に所属していた女優で、彼女は宝塚歌劇団の100期生です。彼女は2012年に宝塚音楽学校を卒業し、宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は52人中50番で、花組に配属されました。寿つかささんは、宝塚歌劇団での活動を通じて、多くの舞台で様々な役を演じ、ファンを魅了していました。

彼女は、宝塚歌劇団での活動を経て、2019年に退団を発表しました。退団後の活動については、公にはあまり知られていないようです。

95期生:真風涼帆

宙組のトップスターであり95期生となっています。

現在は、宝塚歌劇団を退団し女優として活躍しています。今月の11月から梅田芸術劇場でカリオストロ伯爵夫人を演じることが決まっていますね。

新しい情報は改めて追記していきます。

92期生:松風輝

宙組の組長であり、最年長で組長に就任したばかりです。

2021年から副組長を務めていました。生え抜きの宙組生と言われています。

新しい情報は改めて追記していきます。

sponsor