ご成婚(小室圭&眞子様)

小室圭・眞子夫妻の居場所はワシントンD.Cが有力と言われる理由

小室圭、小室眞子夫婦の行方不明になっていると衝撃的なニュースが飛び込んできました。

実際に昨年10月以降、行方不明になっているようです。小室圭さんと眞子さん夫妻が公の目から姿を消しました。この二人の行方については、多くの憶測が飛び交っていますが、確かな情報はほとんどありません。ここでは、これまでに得られた情報を基に、彼らがどこに行ったのか、その理由は何なのかを推測し、考察してみたいと思います。




小室圭・眞子夫妻の居場所はワシントンD.C?行方不明の先はどこ?

結論:小室夫婦の現在の居場所については特定する情報は入ってきていません。しかし、これまでの引っ越しした理由から場所をある程度推測できそうですね。

マンハッタンから引っ越し後行方不明

引っ越した理由は公表されていませんが、考察してみます。これまでの小室夫妻は結婚以来、常にメディアの注目を浴びてきました。

彼らが公の目から姿を消した理由の一つとして、メディアからの圧力を避けるためかもしれません。プライバシーを守り、静かな生活を求めるために、意図的に情報を遮断し、目立たない場所へ移動した可能性があります。




小室圭・眞子夫妻の居場所特定か?どこ行った?

ひでにニューヨークを離れていることがわかっています。

引っ越し理由①:プライベート重視

マンハッタンは世界的に有名な地域であり、メディアの注目を集めやすいため、二人がよりプライベートな生活を求めて、メディアの目が届きにくい場所へ移動した可能性が考えられます。また、ニューヨーク、特にマンハッタンは生活費が非常に高く、物価の高騰や円安の影響を考慮して、経済的な理由から生活費の安い地域への移動を選択した可能性もあります。

「11月にマンハッタンの高級マンションを引き払った2人ですが、どこに引っ越したのかわかっていません。一時はニューヨーク郊外にある2億円の大豪邸に移ったと報じられたものの、そちらで暮らしていた形跡はない。圭さんは勤務先の弁護士事務所にも顔を出しておらず、どこを張り込んでも空振りが続いているようです」(在米ジャーナリスト)

引用元:週刊現代

引っ越し理由②:弁護士事務所の配置転換

職業上の理由での移動も考えられます。小室圭さんが勤務する弁護士事務所やその他の職業的な変更が、地域を変更する必要性を生じさせたかもしれません。特に、一部報道ではワシントンへの転勤の可能性が示唆されています。

引っ越し理由③:新婚生活を改めてスタート

結婚後に新たな生活をスタートさせるにあたり、二人がより落ち着いた環境や新しいコミュニティで生活を始めたいと考えたことも、引っ越しの理由として考えられるでしょう。




小室圭・眞子夫妻の居場所特定か?どこ行った?

2億円の賃貸契約はフェイク

アメリカ合衆国ニューヨーク州の南東部に位置する郡で、ニューヨーク市の北に隣接しています。この地域は、その豊かな自然、美しい住宅地、優れた学校、そしてニューヨーク市への便利なアクセスで知られています。ウエストチェスター郡は、都市部の利便性と郊外の快適さを兼ね備えた生活を求める人々にとって魅力的な場所です。

二ューヨーク郊外のウエストチェスターにある2億円の邸宅を賃貸で契約したという話がありましたが、この契約については家主から「フェイクニュースです」と完全否定されています。

ワシントンD.C.への引っ越しが有力

小室圭さんは「ローウェンスタイン・サンドラー法律事務所」に勤務しており、9月からはアメリカ連邦政府関連のチーム「G-BRIDGE」に所属し、政府機関の仕事をすることでワシントンD.C.に引っ越しする可能性が高くなっています。このチームはワシントンD.C.にある連邦政府とのやり取りが多いため、メンバーのほとんどがワシントンD.C.に住んでいます。

弁護士として今後、活躍するためにもワシントンD.Cに引っ越しする可能性が高いと言われています。

小室圭の年収3000万円ならワシントンD.Cでも住める

ワシントンD.C.の家賃はニューヨーク以上に高い場合があります。

中心部や郊外によって異なります。

小室圭さんの収入は、2022年10月に司法試験に合格して以降、年収が約20万ドル(約3000万円)になりました。

しかし、ニューヨークやワシントンD.C.の高い生活費を考えると、余裕のある生活を送るにはさらなる収入アップが必要とされます。

sponsor