岸田文雄

岸田文雄(総理)あだ名一覧!由来と名付け親まとめ

岸田文雄首相のあだ名の遍歴は多岐にわたります。最初に付けられたあだ名は「キッシー」で、これは自らの親しみやすさをアピールするためのものでした。




岸田文雄(総理)あだ名一覧!由来と名付け親まとめ

「キッシー」の由来
記者や周囲の人々との親しみを持つために、岸田文雄自身が名乗ったと言われています。

岸田文雄首相のあだ名は、彼の政策や発言、行動に基づいてつけられていますが、それぞれのあだ名には深い背景があります。

岸田文雄(総理)あだ名「増税メガネ」

岸田文雄首相が増税に関する発言や政策を行ったことから、このあだ名が生まれました。特に、退職金や通勤手当などに課税する提案が取りざたされた際に、このあだ名が広まりました。

SNS上では「増税メガネ」というあだ名が拡散し、多くのユーザーが岸田文雄首相の増税政策に対する意見や感想を共有しています。

このあだ名は、岸田文雄首相の経済政策に対する世間の評価や期待を示すものとして、多くのメディアで取り上げられています。




岸田文雄(総理)あだ名一覧!現在まで何個ある?

岸田文雄(総理)あだ名:増税メガネ

2023年の8月25日と26日にSNSでトレンド入りしたあだ名。

あだ名の由来は?

「増税メガネ」というあだ名が岸田文雄首相につけられた理由は、彼が首相としての任期中に増税に関する発言や政策を行ったことに起因しています。特定の増税政策や発言があった際に、SNSなどのプラットフォームでこのあだ名が拡散し、多くの人々の間で使われるようになりました。

岸田文雄(総理)あだ名:増税クソメガネ

「増税メガネ」の基盤があっての新名称。

あだ名の由来は?

「増税クソメガネ」というあだ名は、「増税メガネ」というあだ名が先に存在していたことを基盤としています。この新しいあだ名は、岸田文雄首相の増税政策や発言に対する国民の不満や批判をより強く表現するために、言葉の中に「クソ」という強い否定的な意味を持つ言葉が追加されて形成されました。

岸田文雄(総理)あだ名:増税レーシック

増税メガネと増税クソメガネの話題が大きかったため、岸田文雄首相本人の耳にも届き、このあだ名が広まった。

あだ名の由来は?

この「増税レーシック」というあだ名は、岸田文雄首相の「増税メガネ」というイメージを「レーシック手術」で治療(変化)させるという意味合いで、ジョークや皮肉として名付けられたと考えられます。

岸田文雄(総理)あだ名:増税コンタクト

「増税レーシック」のあだ名が生まれたことに便乗して名付けられた。

あだ名の由来は?

「増税レーシック」のあだ名が広まったことを受けて、それに続く形で「増税コンタクト」というあだ名が生まれたと考えられます。これは、岸田文雄首相の「増税メガネ」というイメージをさらに変化させる、あるいはその変化に対応する形でのジョークや皮肉として名付けられたものです。

岸田文雄(総理)あだ名:増税クソレーシック

増税レーシックからの変化。

あだ名の由来は?

「増税クソレーシック」というあだ名は、「増税レーシック」からの派生として名付けられました。このあだ名における「クソ」という言葉は、強い否定的な意味を持ち、岸田文雄首相の増税政策や発言に対する国民の不満や批判を強調するために追加されたものです。

岸田文雄(総理)あだ名:脱メガネ

増税クソレーシックのあだ名が出回り始めた頃にSNS上で、岸田文雄首相がメガネをしていない姿の画像も一緒に出回ったことから。

あだ名の由来は?

「脱メガネ」というあだ名の由来は、岸田文雄首相がメガネをしていない姿の画像がSNS上で出回ったことに関連しています。このあだ名は、先に広まっていた「増税クソレーシック」などの「メガネ」に関連するあだ名と、首相がメガネをかけていない姿の画像とが結びつき、形成されました。




岸田文雄(総理)あだ名:売国メガネ

中国からの輸入EV車に販売補助金を出すとの報道があったことから。

あだ名の由来は?

「売国メガネ」というあだ名の由来は、中国からの輸入EV車(電気自動車)に対して販売補助金を出すとの報道があったことに関連しています。この報道を受けて、一部の国民から岸田文雄首相の政策が国益を損なうものであるとの批判が生じました。

岸田文雄(総理)あだ名:ばらまきメガネ

他国支援にばら撒くお金があるなら、国内の支援しろとの声から。

あだ名の由来は?

「ばらまきメガネ」というあだ名の由来は、岸田文雄首相の外国への支援政策に対する国民の反応からきています。具体的には、他国への支援や援助に多額の予算を使っている一方で、国内の問題や支援には十分な予算が割り当てられていないとの批判や不満がある中で、このあだ名が形成されました。

「ばらまき」という言葉は、予算や資金を無計画に、または特定の目的や方針なく広く分散して使うことを指す言葉です。

岸田文雄(総理)あだ名:グローバル・ポチ

ウクライナへの約1兆円の追加支援を決めたとの報道を受けて名付けられた。
セコメガネ: イスラエルからの邦人退避のために政府が用意したチャーター機が有料であったことから。

あだ名の由来は?

「グローバル・ポチ」というあだ名の由来は、岸田文雄首相がウクライナへの約1兆円の追加支援を決定したとの報道を受けて名付けられました。

「ポチ」という言葉は、日本語のスラングで、他者の命令や要求に従順に従う人や、他者の意のままに操られる人を指す言葉として使われます。このあだ名は、岸田文雄首相の外交政策や国際的な支援活動に対する国民の疑問や批判を強調するために形成されたものと考えられます。

岸田文雄(総理)あだ名:銭ゲバメガネ

政府チャーター機は、イスラエル~ドバイ間で1人当たり3万円を徴収したことから。

あだ名の由来は?

「銭ゲバメガネ」というあだ名の由来は、政府がイスラエルからの邦人退避のために用意したチャーター機において、イスラエル~ドバイ間の移動において1人当たり3万円を徴収したことに関連しています。

「銭ゲバ」という言葉は、日本語のスラングで、お金にがめつい、またはお金を極端に欲しがることを強調する言葉として使われます。このあだ名は、岸田文雄首相の政策や行動に対する国民の疑問や批判、特に邦人退避の際の費用徴収に対する不満を強調するために名付けられたものと考えられます。

岸田文雄(総理)あだ名:クーポン岸田

18歳以下への10万円給付のうち、5万円分はクーポンで支給するとの政策から。

あだ名の由来は?

「クーポン岸田」というあだ名の由来は、岸田文雄首相が提案した政策に関連しています。具体的には、18歳以下の若者への10万円の給付に関する政策で、そのうち5万円分をクーポンとして支給するという内容からこのあだ名が生まれました。

この政策は、給付金の一部をクーポンとして提供することで、消費を促進し経済の活性化を図るという狙いがあったとされています。

岸田文雄(総理)あだ名:検討士

「前向きに検討します」という言い回しが多かったため。

あだ名の由来は?

「検討士」というあだ名の由来は、岸田文雄首相が頻繁に使用する「前向きに検討します」という言い回しに関連しています。

国会などの場での質問や取材時に、具体的な答えを避けるためや、まだ明確な方針が決まっていない場合に、首相が「検討している」というフレーズを多用することが指摘されています。この「検討している」という回答が多用されることから、一部の国民やメディアにおいて、岸田文雄首相を皮肉ったりジョークとして「検討士」というあだ名で呼ぶようになったと考えられます。




岸田文雄(総理)あだ名:キッシー

岸田文雄首相の愛称。
ふみきゅん: ある種のニックネームや愛称。

あだ名の由来は?

「キッシー」というあだ名は、岸田文雄首相の名前「岸田」をもとにした愛称やニックネームです。このあだ名は、岸田文雄首相の名前をカジュアルに、また親しみやすく短縮した形として生まれました。

特に政治家や公人に対して、ファンや支持者、または一般の人々が親しみを込めて使う愛称やニックネームは、その人物の人柄やキャラクター、または特定のエピソードなどに基づいて形成されることが多いです。




岸田文雄(総理)あだ名の歴史を時系列で確認

2023年8月25日〜26日: SNSで「増税メガネ」というあだ名がトレンド入り。これが岸田首相のあだ名の始まりとなる。
その後、「増税メガネ」の人気を受けて、「増税クソメガネ」という新しいあだ名が生まれる。
「増税メガネ」と「増税クソメガネ」の話題が拡大し、岸田首相本人の耳にも届く。「増税レーシック」というあだ名が広まる。
「増税レーシック」の流行を受けて、「増税コンタクト」と「増税クソレーシック」が続々と名付けられる。
SNS上で岸田首相がメガネをしていない姿の画像が出回り、「脱メガネ」というあだ名が生まれる。
中国からの輸入EV車に関する補助金の報道を受け、「売国メガネ」というあだ名がつく。
国内支援の声を受けて、「ばらまきメガネ」が名付けられる。
ウクライナへの追加支援報道を受け、「グローバル・ポチ」というあだ名が生まれる。
イスラエルからの邦人退避の報道を受けて、「セコメガネ」と「銭ゲバメガネ」が名付けられる。
18歳以下への給付政策から、「クーポン岸田」が生まれる。
岸田首相の頻繁な「検討」発言から、「検討士」というあだ名がつく。
その他の愛称として、「キッシー」と「ふみきゅん」が存在する。

岸田文雄(総理)あだ名の名付け親は?

岸田文雄首相のあだ名が付けられた経緯を調べると、政策や、岸田文雄首相の報道がある度にあだ名が増えていきました。そのため、名付け親は一般的に政策や報道に反応する国民、特にSNSユーザーやネットコミュニティのメンバーと考えられます。

インターネットやSNSの普及により、新しい情報や出来事に対する国民の反応がリアルタイムで共有されるようになりました。このような環境下で、岸田文雄首相の政策や発言に対する国民の感想や評価が、あだ名という形で表現され、広まっていったと考えられます。

具体的なあだ名の名付け親を特定するのは難しいですが、多くのあだ名はネット上のコミュニティやSNS上でのジョーク、皮肉、批判などの中から自然に生まれ、広まっていったものと思われます。

sponsor