政治ネタ

加藤鮎子は母親:愛子の事務所家賃を支払う!親子の関係と今後の進退は?

政治家の政治と金の問題が話題になっています。

自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府特命担当大臣(こども政策・少子化対策・若者活躍・男女共同参画)、女性活躍担当大臣、共生社会担当大臣、孤独・孤立対策担当大臣を務めています。山形県鶴岡市生まれで、慶應義塾大学法学部とコロンビア大学国際公共政策大学院を卒業しているという経歴持ち主がなんと政治と金の疑惑で辞任の可能性まで示唆されています。




加藤鮎子は母親:愛子の事務所家賃を支払う!親子の関係と今後の進退は?

「加藤鮎子地域政策研究会」が自身の母親など親族の家賃を払っていた

母親が家賃収入について確定申告をしているのかと問われると「実母による固定資産税の支払いや家賃収入にかかる確定申告など、税務処理は適切に行われていると承知している」と述べた。一方で、申告を証明する書類を予算委員会に提出するよう求められると「一私人の税務資料を公開することは差し控えたい」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/46127cd566f85ce2046dbd0fb9903370c2309654

「政治資金で実母へ家賃支出 1,440万円」 加藤鮎子、自民党のひと、こども政策・少子化対策・担当大臣 なんでこういうことやって、平気な顔してるのかなー

政治と金で今後大臣を辞める可能性もある

加藤氏は9月の内閣改造で当選3回、最年少の目玉閣僚として抜てきされ初入閣しましたが、直後に自身が代表を務める資金管理団体が、地元の山形県鶴岡市にある事務所の家賃として、建物を所有する自身の母親に月額15万円を振り込んでいることが報じられた

本人も事実と認めました。

昨年、関連団体が親族に事務所費支払いをしていたことが発覚し、「政治とカネ」で辞任に追い込まれた寺田稔前総務相も、関連する証明書類の提出には応じていたとし、「額などは黒塗りで結構なので、証明する書類の提出をお願いしたい」と再度求めたが、加藤氏は「別人格である実母の個人情報の資料を提供することは、慎重に考える必要がある。繰り返しになりますが税務処理は適正に行われていると承知している」と、拒否する姿勢を続けた。

立憲民主党 藤岡隆雄衆院議員「政治資金で家賃を払って、どう適切に処理しているのか。極端なことを言えば裏金になっている可能性すら否定できない」 証明できないなら辞任を。 加藤鮎子こども政策担当相〝実母に政治資金〟の資料提出を拒否…同様疑惑で昨年2閣僚が更迭




加藤鮎子は母親:愛子さんとはどんな女性なのか?

加藤鮎子の母親は加藤愛子さんです。愛子さんの出身地は群馬県高崎市で、中曽根康弘元首相の娘と幼馴染だったとされています。愛子さんの父親は早くに亡くなっており、結婚式には中曽根元首相が親代わりに出席したという話があった愛子さんの生年月日は不明ですが、中曽根元首相の娘の年齢から推測すると、愛子さんは74〜76歳くらいではないかとされています。

  • 出身地:群馬県高崎市
  • 中曽根元首相の娘と幼馴染。。。結婚式に中曽根元総理が出席した過去がある
  • 生年月日:不明・70歳の半ばという情報あり

加藤鮎子の母親には4人の子供がいる

加藤鮎子さんのお御父様は早くになくなっているようです。シングルとして4人のお子さんを育て上げたことには感銘を受けますよね。今の時代では考えられないでしょう。

  1. 長男は加藤亮介さん
  2. 長女は加藤亜里子さん
    東京大学3年の頃にフジテレビの番組でキャスターを務めた経験があり
  3. 次女は加藤亜生さん
    亜生さんはアメリカに留学し、東京女子大学を卒業後、TBSにディレクターとして入社しました。亜生さんは入社試験で知り合った報道記者の男性と結婚
  4. 三女は加藤鮎子
    現在、大臣として入閣したものの政治と金で疑惑あり

加藤鮎子は母親:愛子の親子の関係と今後は?

政治家の政治と金の疑惑についてネットでもさまざまな声が上がっています。加藤鮎子大臣の対応が悪かったのか。信じることができないというネガティブな声が多数上がっています。

#加藤鮎子 税務処理は適切に行われていると承知している 自身が承知していても国民は納得しない。なぜ頑なに書類提出を拒否するのか… 裏金だと思われますよ

加藤鮎子大臣の政治資金の話、 最悪の場合としては、 母親が知らない間に名義を勝手に使って脱税させて、そのカネを裏金として使っていた まであるので、確定申告の公開を拒むことは極めて悪質だと思う。 岸田政権の子ども担当大臣が目指す子ども像は、随分と逞しいんだなと

加藤鮎子大臣の母親に関する政治資金規正法絡みの質問で「金額は黒塗りで結構ですから…」と。あっさり黒塗りを肯定しちゃいかんでしょ。加藤鮎子大臣の母親が私人だと認めるようなものだ

加藤鮎子の経歴&プロフィール

家族について

加藤鮎子の家族には、政治家の家系があります。祖父は加藤精三(衆議院議員)、父は加藤紘一(元内閣官房長官・元自民党幹事長)。2006年に宮崎謙介と結婚しましたが、2009年に離婚。その後、再婚し、2子をもうけています。

政治家としての経歴

  • 2014年12月、第47回衆議院議員総選挙で初当選。
  • 国土交通大臣政務官、環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官、自由民主党山形県連会長を歴任。
  • 2023年9月13日、第2次岸田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣に就任し、初入閣。

政策・主張

  • 憲法改正に賛成の立場。
  • 敵基地攻撃能力の保有には反対。
  • 選択的夫婦別姓制度の導入にはどちらかと言えば賛成。
  • 同性婚を可能とする法改正にはどちらかと言えば反対。

加藤鮎子は、政治家としての経歴や家族背景、政策について多岐にわたる活動を行っています。彼女の政治的立場や主張は、日本の政治シーンにおいて重要な役割を果たしています。今後政治と金の問題でどうなっていくのでしょうか。

sponsor