HOME > CLUTCH Journal > フォトグラファーMaikoのLAガイド#56【LAのCounty Ltd.で開催されたHOLIDAY MARKETとは】

CLUTCH Journal

ジャーナル

15days ago

フォトグラファーMaikoのLAガイド#56【LAのCounty Ltd.で開催されたHOLIDAY MARKETとは】

event Art & Culture LA guide

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線で紹介する。

年末年始のホリデーシーズンには、買い物モードもより一層高まる。
そんな時期、昼下がりのシルバーレイクでとあるウエアハウスにて開催されたホリデーマーケット。



主催するのはCLUTCH MagazineやCLUTCH Webではお馴染みのブランド、County Ltd.。シンプルかつ洗練された、今っぽいLAらしいライフスタイルを提案する、LAでは人気のお店だ。










このホリデーマーケット、County Ltd.のメインブランド、Lady White Co. をプロデュースするオーナーのPhill。

https://ladywhiteco.com







上質な素材を使った最高のクオリティを提供し、その質の良さからはリピートする人も続出している。








そのほかにもCounty Ltd.で取り扱うアートや雑貨などが並ぶ家具、アートのCounter Space。

http://counter-space.com


日本での取扱いも昨年スタートしたばかりの英国生まれナチュラルフレグランス・スキンケアブランド、HAECKELSなど注目の雑貨が勢揃い。






そしてイベントには欠かせないコーヒーも、もちろんご用意。



最近、様々なマーケットや イベントで見かけるオーガニックコーヒーのCanyon Coffee。
この日はエチオピアのLimu Kosaという豆を使ったコーヒーを販売していた。 
https://canyoncoffee.co


そしてこちらは、日本の靴下ブランドでありお馴染みのAnonymous Ismは海外でも大人気。
ヴィンテージの機械で編まれてあり、その丈夫さから選ばれ続けている理由がわかる。様々な柄はバラエティに富んでいて選ぶのも楽しい。









サングラスと香水をプロデュースするLA出身のブランド、Saint Rita Parlor。
https://www.saintritaparlor.com

オーナーのNeilはロサンゼルスからシアトルに引っ越しをしたものの、この日のイベントのためにLAに駆け付けた。薔薇の香りとタバコとウィスキーを調合して手作りで作られる香水はLAの人から非常に評判が高い。



シンプルながらに個性的なデザインのサングラスも目を引いていた。

Den Los Angeles
奥の黒いヴィンテージチェアは、Arne Norell がデザインした「Sirocco' safari chair」。


ブラス製の小さな猫たちは、'50年代製の
Single Brass Cat Object、Walter Bosseによるデザイン。箸置きや卵置きになる。








マーケットなので、その他、古着やニットウエアなども販売していた。


出店しているベンダーを目当てに訪れる人や、通りすがりにふらっと立ち寄る人など様々であったが、
皆お気に入りのアイテムを探しながら珈琲を片手に会話も弾み、楽しいイベントとなった。

大きなフリーマーケットで買い物にひたすら勤しむのも良いが、規模が大きすぎて疲れてしまう人はこのような小さなマーケットに訪れてみるのも見所が凝縮されていて面白い。


County Ltd. 

1837 Hyperion Ave, Los Angeles, CA 90027

https://www.countyltd.com


●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com



Photo by Maiko Naito 内藤真依子 Text by CLUTCH Magazine 編集部 

holidaymarket countyltd silverlake

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ