HOME > CLUTCH Journal > フォトグラファーMaikoのLAガイド#48【最近話題の大人の遊びRooftop Cinema Clubで特別な時間を…】

CLUTCH Journal

ジャーナル

2018.11.15

フォトグラファーMaikoのLAガイド#48【最近話題の大人の遊びRooftop Cinema Clubで特別な時間を…】

CLUTCH Magazine LAガイド LAguide



ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線で紹介する。

ロサンゼルスで最近話題の大人の遊びと言えば、Rooftop Cinema Club。
https://rooftopfilmclub.com

ビルの屋上で映画を鑑賞できる。
入場は18歳以上。
 
2011年に、「スタンドバイミー」をロンドンのthe Queen of Hoxton barで上映したのを皮切りに、
今ではマイアミ、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴで行われている。
ロサンゼルスでは、ダウンタウンと、ハリウッドの2箇所。
 
私が訪れたのはハリウッドで、Neue Houseという建物の屋上!






上映作品は、最近だとトップガン、バットマン、ザ・グランドブタペストホテル、シカゴ、グーニーズ、チャイナタウン、LA LA LANDなど、70年代の映画から最近の映画まで幅広く作品数も多い。
 
このビジネスを始めたGerry Cottle Jr.氏は、サーカス一家の出身。
エンターテインメントの世界で育ち、20代後半に差し掛かった頃、一念発起してこのRooftop Cinema Clubを始めた。
 
これまで、公園や駐車場での映画上映はあったが、もっとアーバンな雰囲気の上映を実現したいと考え、屋上での上映を実現。
受付や上映機などのデザインも、ハイセンス。








会場から見下ろせるハリウッドの街並み。(夜も素敵…)

席はデッキチェア。
一人席のラウンジシートと、2人一緒に座れるラブシートがある。
事前にウェブで予約をする。





ラウンジシート18ドル
ラウンジシート(ポップコーン食べ放題付き)21ドル
ラブシート(ポップコーン食べ放題付き)25ドル



各チェアにはブランケットとワイヤレスヘッドホンが用意されている。
なるほど、これで野外上映でも騒音問題にならない。
音質も良く周りの人の音も気にならないため、とても快適だ。

会場にはフード、ドリンクのブースもあり、ストリートフード、カクテル、クラフトビールも楽しめる。


皆上映前にフードやドリンクを楽しむ。
続々と集まる人々。
席が決まっていないため、早めの到着がオススメ。








暗くなってきたら、いよいよ上映だ。
この日の上映作品は、2017年公開のオリエント急行殺人事件。
夜風に吹かれとても心地よい空間で、映画を楽しむことができた。

たまには夜風と映画、大人の特別なロケーションに身を任せて特別な気分に浸るのはいかがだろう?






●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com


Photo by Maiko Naito 内藤真依子  Text by CLUTCH Magazine 編集部 

 

Cinema Club 

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ