HOME > CLUTCH Journal > CLUTCH Magazine vol.63本日発売! 特集は「BOOTS&SHOES」

CLUTCH Journal

ジャーナル

2018.08.24

CLUTCH Magazine vol.63本日発売! 特集は「BOOTS&SHOES」

CLUTCH Magazine Book Boots

本日発売のCLUTCH Magazine Vol.63。
秋冬ファッションのスタート号として、第一特集は「ブーツ&シューズ」。
表紙には靴のリペア&カスタムショップBRASSと、そのオリジナルブランドCLINCHを手がける松浦稔氏が登場だ。

 
特集テーマは「すべての靴にはストーリーがある」。
安価な靴がクリックひとつですぐに手に入る時代。本誌は、ワンシーズンで飽きたり、すぐに壊れてしまって履かなくなる靴ではなく、長く愛用できる靴選びを提案する。
 
長く愛用できる靴とは、第一に上質な靴。決して安くはない買い物のため、何度も悩んで手に入れた靴。ライフスタイルや趣味趣向に合った靴。ブランドヒストリーや作り手の考え方に共感できる靴。手入れを重ねることで一層魅力を増していく靴。買った場所、履いていった場所が印象に残っている靴。
そんな、背景にきちんとストーリーのある靴を、読者諸兄には選んでもらいたい。
 
特集の主なコンテンツはこちら。
・人気の靴ブランドの新品と経年変化サンプルを並べたエイジングギャラリー企画
・世界に発信したい日本の個性豊かなシューメーカー取材
・ファッション賢人が選ぶ手放せない靴BEST3
・海外の人気ブランドの新作紹介





靴という魅力的なプロダクツにCLUTCH Magazineの視点で迫る。
 
 
さらに今月号の注目は千里浜サンドフラッツリポート。このレースはホットロッドやアメリカンヴィンテージモーターサイクルに焦点が集まることが多いが、本誌ではあえて英国車に注目。Triumphを筆頭に、数々の名車とそのオーナーが登場。もちろん、一瞬を競う白熱のレース模様も紹介する。

 
巻末には、CLUTCH COLLECTIONと題した、本誌オススメのブランドリスト&アイテムカタログを掲載。
クラッチマンに必須のブランドがずらりと並び、なおかつ各ブランドがどんな世界観でプロダクツを展開しているか、一目瞭然の特集になっている。



2018AWの新作ウエアも続々と到着している。



ロサンゼルスの若きクラッチマンParker Smith。ハットメイキングと音楽についてインタビュー。



秋冬に向けて”濃いめ”に仕上がった最新号vol.63。まだまだ残暑が厳しいが、秋の準備は63号とともに!
全国の書店またはオンラインで発売中。


CLUTCH Magazine New Issue BRASS CLINCH Work Boots

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ