HOME > CLUTCH Journal > フォトグラファーMaikoのLAガイド#45【ヨーロピアンなランプやチェアなどハイセンスな小物、インテリアが揃う新セレクトショップ“Counter Space”】

CLUTCH Journal

ジャーナル

2018.08.16

フォトグラファーMaikoのLAガイド#45【ヨーロピアンなランプやチェアなどハイセンスな小物、インテリアが揃う新セレクトショップ“Counter Space”】

Store Vintage Products LA guide

元々は洋服とインテリアを主としてハイセンスなものばかりがセレクトされる独自の雰囲気を持ったショップ、County LTD.があるオシャレな街・ロスのシルバーレイクに、新たにオープンしたインテリアセレクトショップ“Counter-Space"をご紹介する。『CLUTCH Magazine』本誌でも紹介され、我々編集部にはお馴染みのショップ、County LTD.は、ちょうどお店の真裏にある旧い家が空き家になったこともあり、その空き家を新たなインテリアショップとして今月3月末にオープンしたばかり。
その名もインテリアだけに特化したショップ“Counter-Space”。


County LTD.向かって右側に見える小さな細道を入ると、奥にお店がある。
こちらが‘20年代に建てられた旧い家を改装したというショップの外観。


店内に入るとハイセンスな家具が並べられ、これまでCounty LTD.で楽しめたインテリアが数も種類も多く、小物からソファなどの大物までが揃っている。
一見、ナチュラルでシンプルなデザインの物が多いが、このショップのセレクトを務めるのはオーナーのKirill Bergart。本誌vol.61でも画家として紹介されている多才なKirillはCounty LTD.の共同経営者4人の内の一人。主にフランス、イタリア、アメリカ国内でのヴィンテージ家具を中心に日々バイイングしている。




その独自のセンスで選ばれたラインナップのほとんどは、’40年代から’80年代のヴィンテージ家具であり木製やレザーなどのニュートラルカラーの物が多く。


小物を含めると紹介しきれないほどインテリアの数々が所狭しと並んでいるのだが、今回はその一部をご紹介しよう。



テーブルトレイ、テーブルランプ、クッション、花瓶など小物系から大型の物まで幅広いラインナップで取り揃えている。これは見応えがありそう。





‘60年代スウェーデン製のチェア



‘50年代フランス製ランプ


‘40年代アメリカ製チェア


‘60年代フランス製マガジンラック


フランス、イタリア、スウェーデン製のランプたち



‘20年代アメリカ製デスクと、上に置かれているのは’50年代のフランス製ストゥール


‘60年代アメリカ製チェア


ヴィンテージだけでなく現行のインテリアも独自のセンスでセレクトしている。こちらはロサンゼルス、ダウンタウンで作られているウォールライト。すっきりとしたシンプルなデザインで、どんな空間も明るく照らしてくれる。



フランス人インテリアデザイナーであるJacques Guillonによる‘50年代フランス製チェア
背もたれと座面が紐で出来ているチェア。思わず手で硬さを確かめてしまうが、意外にも丈夫に出来ているのだ。紐の垂み具合も程良く調整されていて、座り心地も良い。

続いて、まだまだ紹介していく。


オーストラリアのデザイナーCarl Aubockによるボトルオープナー。


'50年代アメリカ製のテーブル


Mike Hickman作のセラミック


'50年代フランス製ダイニングチェアで、Charlotte Perriandによるデザイン。もともとはスキーリゾートで使用されていたもの


'60年代スウェーデン製チェア、Arne Norellによるデザイン。茶系でまとめられたカラートーンがオシャレ


おそらく'50年代のソファ(詳細不明)


イタリア製チェアで、Massimo Losa Ghiniによるデザイン。座面がビニールのロープで出来ている


今回は、東京ではなかなかお目にかかれないアイテムが揃う”Counter-Space”をご紹介した。
こんな素敵なインテリアに囲まれた開放的でシンプルな空間作り、ここで揃えれば簡単に実現できるかもしれないので、ついつい少しずつ買い足してしまいそう。



Counter-Space 



●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

Photo by Maiko Naito 内藤真依子  Text by CLUTCH Magazine 編集部 
 
 

countyltd counterspace laguide culvercity

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ