HOME > CLUTCH Journal > Nigel Cabourn WOMANの旗艦店が中目黒にオープン!

CLUTCH Journal

ジャーナル

25days ago

Nigel Cabourn WOMANの旗艦店が中目黒にオープン!

Store Military CLUTCH Woman

突然だが、奥様、彼女、友人にも、ヴィンテージスタイルのカッコいい女になってほしい!と思っている読者の皆さん、この夏はNigel Cabourn WOMANのショップに一緒に行ってみよう。
たとえコンサバなスタイルを好む彼女だとしても、変身願望の無い女性はまずいない。ひとたびNigel Cabourn WOMANのコーディネイトに着替えれば、今までとガラッと雰囲気が変わるし、元々ヴィンテージ古着が好きな女性でも、Nigel Cabourn WOMANの英国ヴィンテージに由来するデザインは新鮮なはず。なおかつ男から見てもNigel Cabourn WOMANのスタイルはカッコいい。
(余談かもしれないが、本誌の新人女性編集部員が“ヴィンテージスタイルデビュー”する時もNigel Cabourn WOMANに連れて行く頻度はかなり高い)

そんな計画(願望?)を助けてくれるうれしいニュースが到着した。
東京・中目黒のNigel Cabournの旗艦店Nigel Cabourn THE ARMY GYMから、ウィメンズラインが独立し、Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYMとして来る8月3日に路面店がオープンする。



改めて説明すると、Nigel Cabourn WOMANは、メンズラインの世界観を受け継ぎ、ヴィンテージミリタリー、ワークウエアなどからヒントを得て、生地やパーツ、縫製に至るまで丹念に作られたウエアを展開する。
もちろん、ヴィンテージミリタリーとは言っても当時女性は戦地に立っていなかったので、所謂当時の女性が纏っていたものからもインスピレーションを受けている。
アイテム1点1点から歴史とディテールへのリスペクトをしっかりと感じられるうえ、女性らしい可憐さも持ち合わせる。10年後、20年後に見てもNigel Cabourn WOMANというスタイルは色褪せない。そんなことを感じさせるクールなブランドだ。


ショップは目黒川沿いのFILSONの隣。
初めてブランドを知る人でも、Nigel Cabourn WOMANの世界観をしっかりと楽しめるラインナップが揃っている。





英国軍のセーラーシャツをベースに、着心地の良いカットソーにアレンジしたセーラードレス(¥19,440_)に、ざっくりと着心地の良いリネンデニムのスカート(¥24,840_)。オールホワイトで夏らしいコーディネイト。セーラーは年齢的にちょっと……と抵抗がある人こそ一度着てみてほしい。深めの襟がエレガントで女性らしく、1枚で存在感があるため重宝すること間違いなし。クラシックなサスペンダー(¥19,440_)でスカートを吊る所がNigel Cabourn WOMANらしさ!
 

上がジャージー、下がリネンで切り替えたゆったりと着心地の良いTシャツ(¥17,280_)とリネンのパンツ(¥31,320_)、英国軍カモ柄のヴァルカナイズド製スニーカー(¥19,440_)。シンプルなコーディネイトでも、一般的なウィメンズブランドには無いヴィンテージミリタリースタイルを感じさせる絶妙な色合いは、生地作りにこだわりのあるNigel Cabournならでは。


ディスプレイもブランドの世界観たっぷり。とはいえシンプルなレタリングや白を基調にしたクリーンな外観デザインになっているため、女性一人でも入りやすい。
ぜひ一度訪れてみてほしい。


SHOP DATA
Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM NAKAMEGURO STORE
1-21-11 Aobadai Meguro-Ku,Tokyo
東京都目黒区青葉台1-21-11
Tel.03-6416-3300
11AM-8PM
 
全国のショップリストはオフィシャルサイトをチェック。
 
 
Photo by OUTER LIMITS アウターリミッツ
Text by CLUTCH Magazine 編集部

Nigel Cabourn Nigel Cabourn WOMAN Tokyo Shop

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ