HOME > CLUTCH Journal > Schottの新ショップをもっと楽しむ方法。

CLUTCH Journal

ジャーナル

27days ago

Schottの新ショップをもっと楽しむ方法。

event Store Leather

9月中旬、渋谷にオープンしたSchottの新しい旗艦店Schott Grand Store TOKYOには、もう行っただろうか。
セレクトショップ、古着店、カフェなどが多数集まる渋谷・神南エリアで100坪という贅沢な広さを誇り、店内にはSchottのラインナップをすべて揃えている。
 
ここではSchott Grand Store TOKYOのさらにツウな楽しみ方を紹介。
 
1 セレクトブランドが豊富。
Schott Grand Store TOKYOでは、ハット、ブーツ、アクセサリーなど、Schottのスタイルをさらにクールに仕上げてくれる国内外のブランドを多数セレクト。
そのなかでも、驚異的なラインナップを誇るHTCをピックアップ。
HTCはZip Stevensonが手がけるLAのレザープロダクツブランド。ヴィンテージアーカイブを研究し生まれたスタッズベルトを筆頭に、美しいスタッズワークを施したウォレット、バッグなどを展開。ラグジュアリーでありながら武骨、そんな唯一無二のコレクションが世界中で愛されている。
9月末にはZipが来日し店頭に立ち、訪れたファンとの交流を楽しんだ。
Schott Grand Store TOKYO限定のコラボレーションアイテムも見逃せない。
(スタッズベルトは¥42,000_~、写真下のシングルライダースジャケットは¥134,000_)
 
Zipと中川雄矢氏が手がける、ヴィンテージリメイクコレクションIrregulaRのアイテムも豊富だ。すべて1点モノなので、素材の表情やスタッズデザインで気になるものがあれば迷わずゲットしたい。
 
 
2 絶対にお世話になりたいリペアファクトリー。
レザーアイテムコーナーの奥に構えているReSewでは、Schottのみならず、他ブランドからヴィンテージまで、あらゆる洋服のリペアを受け付けている。
特に本誌読者の方ならば、「ヴィンテージのレザージャケット、コンディションは△だが、我慢できず買ってしまった……、着ていくうちにジッパーが故障した……」など、ヴィンテージ特有のお悩みを抱えている方も多いのでは。
これまでに様々なリペアを行ってきた経験豊富な職人が常駐しているので、まずは気軽に相談に行ってみよう。
 
3 夜もオススメ。
圧巻のレンガアーチや大きなウッドテーブル&チェア、ゴールドリーフのサインペイントなど、ショップはニューヨーク・ブルックリンをイメージしてデザインされている。
そのなかでも一度は見ておきたいのが、日没後の外観。クラシックなアメリカのシアターをイメージしており、ライトがすべて灯るとドラマチックでカッコいい。これまで渋谷の街には無かった存在感だ。
 
そんなSchott Grand Store TOKYOでは今週28日(土)18時より、兄弟誌Lightning読者限定のイベント「革ジャンナイト」を開催。
Lightning編集部によるレザージャケットスナップ&コンテスト、KEN THE FLATTOP氏によるピンストライプパフォーマンス、ロカビリー界で今注目のシンガー、堀口チエさんのスペシャルライブなどなど、コンテンツ豊富なイベントになっている。
今こそレザーの季節、お気に入りのレザージャケットを着て、ショップに集合だ。
 
Photo by Jun Arata アラタジュン CLUTCH Magazine 編集部
Text by CLUTCH Magazine 編集部
 
SHOP DATA
Schott Grand Store TOKYO
東京都渋谷区神南1-5-4
Tel.03-3464-1913
11AM-8PM
 

Schott HTC Schott Grand Store TOKYO Zip Stevenson ReSew

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ