HOME > CLUTCH Journal > フォトグラファーMaikoのLAガイド#33 【リトルトーキョーの人気ヴィンテージショップが15周年!】

CLUTCH Journal

ジャーナル

26days ago

フォトグラファーMaikoのLAガイド#33 【リトルトーキョーの人気ヴィンテージショップが15周年!】

Vintage Clothing Store LA guide

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線から切り取って紹介する。
 
今回は、ヴィンテージファンの支持を集めるRAGGEDY THREADSのオープン15周年パーティの様子をレポート。

デニム、ワークウエア、ミリタリーなど、幅広くかつ感度の高いセレクトでリトルトーキョーのヴィンテージカルチャーをリードするショップ、RAGGEDY THREADS。
 





オーナーのJeime Wongさん。彼女の地元Pomonaには多数の良いヴィンテージショップがあったという。中でも、とある店が好きで足繁く通っているうちにすっかり親交が深まり、1997年、ローズボウルへの出店を手伝うようになった。
それをきっかけにヴィンテージファッションの知識を増やし、それから数ヶ月後には自分の店をローズボウルに出店。そんな活動を12年間続けた後、まだ学生の時にRAGGEDY THREADSをオープンした。今でもヴィンテージアイテムを探し求めて世界中を飛び回っており、昨年にはNYのブルックリンに2号店を開いた。
 
崖っぷちに立っていた時もあったが、あっという間だったというこの15年。そんな15周年を祝う夜は、親交のある人たちが集まり賑やかなパーティとなった。
 


イベントには、NYからB. Blakely CustomのBrianが参加。
刺しゅうのオーダーを行い、丁寧かつ華やかな仕事で人々を魅了した。
 
自分の洋服を持っていけば、好きな柄のチェーンステッチを入れてくれる。
下書き無しで縫っていく様子は圧巻のひと言。



 
こちらのステッチも彼が入れたもの。


Holiday Innのステッチが可愛い。
 



イベントに遊びに来ていたふたり。自分のジャケットを持ち込んでステッチを入れてもらっていた。
 







スタッフのふたり。





 
15周年を迎えたRAGGEDY THREADSのこれからに、ますます期待が高まるイベントとなった今回のパーティ。
ロサンジェルスに遊びに来た際には、セレクト、内装ともにこだわりの詰まった空間にぜひ触れてみてほしい。
 
RAGGEDY THREADS WEST
330 E 2nd street #B
Los angeles, CA  90012

Tel. 213-620-1188
12-8PM(MON-SAT)
12-6PM(SUN)
http://www.raggedythreads.com
 
●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

Photo by Maiko Naito 内藤真依子 Text by CLUTCH Magazine 編集部

Los Angeles LA guide Vintage Clothing

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ