HOME > CLUTCH Journal > ハリウッドスターたちが着たBELSTAFFを展示する「HOLLYWOOD LEGENDS」が開催中

CLUTCH Journal

ジャーナル

2017.04.10

ハリウッドスターたちが着たBELSTAFFを展示する「HOLLYWOOD LEGENDS」が開催中

event Art & Culture film



英国の伝統に根差したモーターサイクルと深いかかわりを持つブランド、BELSTAFF。アイコンアイテムであるジャケットがあまりにも有名であるが、バッグやシューズなどのアクセサリー類も充実している。今月、4月20日に銀座に新しくBELSTAFF の旗艦店となるBELSTAFF 銀座ストアがGinza Sixにオープンする。これに先駆けて、BELSTAFFのこれまでのアーカイブピースの中から映画やTVシリーズで実際に着用したジャケットやレプリカを期間限定で代官山―蔦屋書店にて展示している。意外と知られていないのだが、本ブランドと映画の関係性は深く、多くのハリウッドスターたちによって様々な映画で着用されているのだ。特に、モータリゼーションが進んだ現代。モーターサイクルシーンとBELSTAFFのつながりは、過去に30年に渡って映画でも同様にブランドの価値を発揮してきた。





ジョージ・クルーニーが映画「レザーヘッズ」(邦題「かけひきは、恋のはじまり」)で着用したDodge Jacket 

BELSTAFFのアーカイブ品の中から、人気を博した「アビエーター」や「バットマン」など映画でハリウッドスターたちが実際着用したジャケットやレプリカ、スティーブ・マックイーンが着用したアイテムを期間限定で展示する。


中でもこちらのモデルは、スティーブ・マックイーンが実際に着用したトライアルマスタージャケット。
着用したモデルは、映画「大脱走」でBELSTAFFを着用したマックイーンのスチールとともに展示され、映画のワンシーンを思い出させるディスプレイである。​実際に着用されたとは思えない、きれいな着用感を間近で見ることが出来るチャンス。映画の撮影当時、すでにモーターサイクリストであったマックイーンは、たちまちBELSTAFFのファンとなりプライベートでも幾つかのジャケットを愛用していた。



他にも、BELSTAFFのブランドアンバサダーを務めるリブ・タイラーを主演に迎えたショートムービー「FALLING UP」を放映。本作は、大西洋横断を果たした初の女性として知られるアメリア・イアハートの伝記をテーマにBELSTAFF Filmsにより製作され、BELSTAFF自体も映画製作に直接関わっている。

映画とのかかわりはブランドのDNAにもなっており、本イベントは、映画を鑑賞したときの興奮を再現し、知られざる映画とBELSTAFFの世界をご堪能いただける。


BELSTAFF 「HOLLYWOOD LEGENDS」
開催日程:4月1日(土)から4月25日(火)
開催場所:代官山 蔦屋書店
渋谷区猿楽町17-5 
Tel.03-3770-2525
OPEN:7AM-2AM
 
冒頭で前述したとおり、日本初の旗艦店となるBELSTAFF 銀座ストアをこの度、4月20日(木)にオープンする。場所は今春オープンするGinza Sixの3階で、主力となるメンズはもちろん、ウィメンズのラインも首都圏で初めてトータルで展開する。BELSTAFFの代名詞とも言える、ロードマスターなどのアイコンアイテムやブーツなどのアクセサリー類を含め総合的にBELSTAFFスタイルを提案するので必見の東京スポットとなること、間違いなし。
 
BELSTAFF 銀座ストア
2017年4月20日(木)オープン
GINZA SIX 3階
東京都中央区銀座6-10
Tel.03-6263-9978
OPEN:10:30AM-8:30PM
http://www.belstaff.jp/home
 
 
Photo & Text by CLUTCH Magazine 編集部

#stevemcqueen #trialmasterjacket #belstaff

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ