HOME > CLUTCH Journal > 1930年代製のスウェットシャツをWAREHOUSEが完全再現!

CLUTCH Journal

ジャーナル

2016.12.21

1930年代製のスウェットシャツをWAREHOUSEが完全再現!

Store New Products Made in Japan


CLUTCH Magazine Vol.49(2016年4月発売)の「MY BEST VINTAGE」特集内で、
WAREHOUSE東京店のマネージャーである浅井氏が所有するヴィンテージスウェットを紹介したが、
この度、その中の1着がWAREHOUSE直営店の限定モデルとしてリリースされた。

このスウェットシャツは、1930年代に作られたもの。誌面にあるとおり、ヴィンテージ愛好家でもある浅井氏が
2トーンスウェットにのめり込むきっかけとなった思い出深い1着である。
素材はそれまでのウールではなくコットンが使われており、コットン製スウェットシャツが作られ始めて間もない頃のものだ。






以上がヴィンテージのディテールである。大学のチームカラーを組み合わせた2トーンボディで、正三角形に近いガゼットの形状や、首まわり・肩・袖リブ・胴リブなど全ての箇所を2本針で縫製しているのが特徴的な1着である。



続いて、今回完全再現したWAREHOUSEのものを見ていただこう。





当時の仕様を全て踏襲しながら、深みのある赤いボディのややくすんだ色合いまで見事に再現。コットンフリースと称される、暖かい裏起毛のスウェット生地も、WAREHOUSEの定番スウェットと同様に、旧式の吊り編み機によってゆっくりと編み立てたものを使っている。

カラーは、レッド×クリームとネイビー×クリームの2色(各12,960_)を展開。現在は無地のものを販売中だが、年始には、フェルトレター付きモデルも発売する予定。

直営店限定モデルのため、オフィシャルサイトでは取り扱っておらず、購入する際は下記の直営店に直接ご連絡いただきたい。

■WAREHOUSE 東京店
東京都渋谷区恵比寿西1-29-8 恵比寿ウエスト1F
Tel.03-5457-7899
11AM-8PM

■WAREHOUSE 大阪店
大阪市北区西天満4-15-18プラザ梅新1F
Tel.06-6312-7789
11AM-8PM

■WAREHOUSE 北堀江店
大阪市西区北堀江1-14-14
Tel.06-6534-7889
11AM-8PM

■WAREHOUSE 名古屋店
愛知県名古屋市中区大須3-13-18
Tel.052-261-7889
11AM-8PM(水曜定休※祝日の場合は通常営業)





Photo & Text by CLUTCH Magazine 編集部

ウエアハウス ヴィンテージスウェット VINTAGE SWEAT WAREHOUSE

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ