HOME > CLUTCH Journal > Engineer × Aging 経年変化を楽しみ、育てるブーツ ”Agineer Boots"が誕生

CLUTCH Journal

ジャーナル

2016.08.29

Engineer × Aging 経年変化を楽しみ、育てるブーツ ”Agineer Boots"が誕生

New Products Leather Boots

夏も終わり、革のエイジングをより楽しみたいこれからの季節に備え、ここで革のブーツを紹介。天神ワークスより、Agineer Bootsという新しいブーツが誕生した。オリジナルのヘビータンニンレザー3.00mmを使用し、今まで何度も挑戦を試みたウォレットのレザ―で靴を作るという至極の試みが実現。それは、レザーブーツのスペシャリストであるRolling dub trioのディレクター徳永氏とのコラボレーションで、本ブランドの展開するレザーウォレットのヘビータンニンレザーを駆使したまさに至極の作品と言える。






今までに展開してきた本ブランドの代名詞である、ウォレットのレザーでブーツを作りたいというデザイナー高木氏の熱い思いから、幾度となく重ねられた打ち合わせの結果、エイジングとエンジニアの要素を掛け合わせたブーツが誕生。極めつけは、ウォレットレザーを使用しているため丈夫で簡単には履きこなれないが、その分経年変化を楽しめるところに焦点を当てたという。要らない部材は裁断して丹念に製作され、先芯はなしのつま先がきれいめなシルエット、ライニングはなく革の裏面は磨き処理され、タンニンレザーも全て磨き仕上げされている。革の美しさを活かし、まさに計算され尽くしたエンジニアブーツが完成。極限までシンプルにそげ落とし洗練されたデザインで、ワークウェアからスタイリッシュなスタイルまで幅広く合わせることができる。


こちらのAgineer Boots は9月11日まで、本店のある北千住で受注会を開催しており、発売はこの期間限定。まずは自分のサイジングに合ったブーツを見つけるために、フィッティングをしにお店で是非検討することが好ましいが、お電話やメールで注文することも可能。今年10周年を迎え、ワークウェアアイテムとして欠かせないレザーキャップやハットなど幅広く展開してきた天神ワークスの新たなる試みを一度是非ご覧あれ。



7~9.5(25㎝~27.5㎝)の6サイズを展開している。是非自分に合ったサイジングを店頭で見つけて欲しい。
¥108,000_

Tenjin Works
3-6 Senjyu Adachi-ku Tokyo

天神ワークス
東京都足立区千住3-6 1F
Tel.03-3870-8658
12AM-8PM
月曜休
http://www.tenjinworks.com


Text by CLUTCH Magazine 編集部 Photo by Hideto Takagi Tenjin Works designer

Tenjin Works

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ