HOME > CLUTCH Journal > 欲しいベルトが必ず見つかる場所が誕生。

CLUTCH Journal

ジャーナル

2016.08.26

欲しいベルトが必ず見つかる場所が誕生。

Store Leather accessory

 素材からバックルなどのパーツにいたるまで、オリジナルに徹底してベルトを生み出すVintage Works。ベルト専業という特化したモノ作りで20年以上の歴史を誇る。そんなVintage Worksが初めてショップをオープンさせた。店内には同ブランドのラインナップが勢ぞろいするのはもちろんのこと、カラーやサイズもそろい、いかにたくさんのモデルをラインナップしているかがわかる、ベルトに囲まれた圧倒的な空間。どんなときでもベルトは欠かせないアイテムだけに、オンやオフ、それにボトムスの素材や、コーディネイトによってベルトもカラーやデザインで合わせたい。まさにそんな思いに応えてくれる場所が誕生した。

 

店内にディスプレイされるベルトはカラー、サイズとも豊富にそろう。それぞれのモデルによって、様々なスタイルに対応してくれるので、お気に入りの1本が必ず見つかる

 

店内はバーンウッドやアイアンを使ったインダストリアルな雰囲気。使い込まれた什器にレザーベルトが同居して、クールな空間を演出している。写真左下はホーウィンのクロームエクセルレザーを使用したオリジナルのウォレットでこれも人気アイテムだ。¥14,580_

 

写真右/すべてのベルトがオリジナルの缶ケースに入っている。これもブランド創業から変わらないスタイル。写真左上/もともとヴィンテージベルトの持つ堅牢で使い込むことで増す味わい深さを目指して創業したブランドだけに、使い込まれたベルトはどれもヴィンテージさながらの雰囲気になっている。写真左下/すべてのアイテムにシリアルナンバーがスタンプされるのも同ブランドの特徴。

 

写真右/真鍮製のオリジナルパーツに黒ニッケルメッキを施すことによって、全体をブラックでまとめたDH5675MK-IIは¥15,120_ 写真左/真鍮製のバックルに通常よりも分厚い銀メッキをすることで、プレーンなデザインながら武骨さと、バックルにも経年変化を味わえるモデルDH5717は¥14,040_。カラーはフランネル(ブラック)とブロンズ(ダークブラウン)をラインナップする

 



東京都渋谷区恵比寿西1-29-8-2F
Tel.03-6712-7920
営業時間、定休日 要問い合わせ
http://
www.vintage-works.co.jp

Photo&Text by CLUTCH Magazine 編集部

Vintageworks made in Japan Leather belt Store

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ