HOME > CLUTCH Journal > JANE MOTORCYCLEの描く理想のスタイル。

CLUTCH Journal

ジャーナル

2016.02.22

JANE MOTORCYCLEの描く理想のスタイル。

Store Motorcycle


ニューヨークはブルックリンにあるガレージ風の外観。大きなガレージドアを開けるとそこには細部まで手の入ったモーターサイクルから、モーターサイクル乗りにうれしいアパレル、そしてコーヒーショップと、まさにモーターサイクル好きのすべてを兼ね備えたショップとして存在しているのがJANE MOTORCYCLEだ。こここを仕切るアダムとアレックスに聞けば、ただ「自分たちの好きなモノを集めただけ」とシンプルに表現するが、そこにはモーターサイクル好きでなくともゆっくりとくつろげる場所になっているところがいかにも現代のモーターサイクルショップの姿。ツーリングの合間にコーヒーを飲むことも、お目当てのブーツやレザージャケットを探すのも、ただバイク談義をしにくるだけでも、とにかく無限の可能性を秘めた場所。本格的なカスタムパーツがあるかと思えば、レッド・ウィングのブーツも並ぶ。さらにはオリジナルのアパレルやグルーミンググッズまでそろえているという内容には脱帽。ローカルからバイク好き、さらにはファッション関係者までがふらりと立ち寄ることができるというのがブルックリンらしいスタイルである。

もともとガレージだったこともあり、奥行きのある店内。なかにはスノーバイクをディスプレイしているあたりが雪の多いニューヨークらしさ。基本的にショップのメインはモーターサイクルギアやアパレル系アイテムが多い。

カスタムモチーフは往年のカフェレーサースタイルが得意。ご覧のドゥカティも軽快でキビキビとした走りを連想させるパーツで武装される。ほとんどのカスタムバイクは完成後、すぐにオーナーの手に渡るので、ショップにはデモカーが数台存在している程度。

ここを仕切るアレックス(写真右)とアダム(写真左)。モーターサイクルは好きだけでも、その周りに存在するファッションやカルチャーといったすべてを提案したくてここをオープンさせた。どちらもシンプルなコーディネイトだが、デニムにレッド・ウィングというスタイルでカフェレーサーを駆る。ちなみに彼らの後ろにディスプレイされるYAMAHA XS650も彼らがカスタムした作品。

JANE MOTORCYCLE
396 Wythe Ave. Brooklyn,NY
Tel.347-844-9075

Photo by Lisa Kato 加藤里紗、Text by CLUTCH Magazine 編集部

Jane Motorcycle Motorcycle Brooklyn

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ