HOME > CLUTCH Journal > パリだけで卸先は7店舗! 桃太郎ジーンズの世界戦略。

CLUTCH Journal

ジャーナル

2016.01.30

パリだけで卸先は7店舗! 桃太郎ジーンズの世界戦略。

CCShow Japan Denim People

「西ヨーロッパで未だに卸先がない国は、スペイン、ポルトガル。北欧まで含めるとノルウェーに入っていません」
そう話すのは日本製プレミアムジーンズを世界に広めた立役者、MOMOTARO JEANSなどを展開する株式会社ジャパンブルーの真鍋徳専務。世界中のバイヤーたちからKATSUと親しみを込めて呼ばれている。
「日本のプレミアムデニムがヨーロッパで認知されるようになったのは1990年代、エヴィスジーンズのお陰でした。あちらは主にオンリーショップでの展開。私は2008年にパリに来て、ここを拠点とし、MOMOTARO JEANS とJAPAN BLUE JEANSの卸売のための営業をしてきました。最初はセルビッジの説明から。なにしろ200ユーロ以上もするデニムですから、話を聞いてくれる相手を探すことが重要でした」
日本のデニムがなぜ優れているか? そのこだわりは、ただ展示するだけでは伝わらない。海外ブランドのようなネームバリューがあったわけでもない。
「海外のトレードショーに出展すれば、簡単にオーダーが取れるわけではないんですよ。各地のトレードショーに出展して、バイヤーたちに名前を覚えてもらう。そこで頂いた名刺を頼りに営業をしていく。説明さえ聞 いてもらえれば、なんとかなるだろうとは思いましたが、最初は説明を聞いてもらうことすら難しかったんです」
地道に営業活動を続け、卸先となるショップを開拓してきた。


最近では、ヨーロッパのトレードショーにも日本のデニムブランドが増えた。そこに商機があることを知ってのことだ。
「多くの日本ブランドのデニムを海外で見るようになりましたよね。ここからがチャンスだと思っています。もともと、メンズファッションにおいて、ヘリテージカテゴリーなんて小さなマーケットです。日本のプレミ アムデニムが中心となってヘリテージを盛り上げていますが、そこで満足していてはビジネスの広がりには限界があると思います。カテゴリーの壁を越えて、こだわりの詰まったヘリテージのアイテムがメンズファッシ ョン全体に浸透していけば、もっとビジネスは大きくなる。そのためには、うちのブランドだけではなく、「チーム日本」で乗り込んでいった方がいいに決まっています。本当にここからがチャンスだと思いますよ」

日本のヘリテージブランドは、誠実なモノ作りがいちばんのセールスポイントだ。いま世界が評価するのは日本人のモノ作りであることに間違いはない。しかし、メンズファッション全体でみると、その知名度はまだま だ低い。
「スペインやイタリアでは、まだまだ日本のプレミアムデニムは知られていません。海外のブランドに負けています。こうした国々でももっと認知されるように積極的に営業しますよ」
西ヨーロッパだけでなく、東ヨーロッパ諸国にもMOMOTARO JEANSやJAPAN BLUE JEANSの販売を開始したディーラーが現れ始めた。世界を見渡せば、南米やアフリカなどは日本デニムの未開の地。KATSUさんの野望には、まだまだゴールは見えていない。
「パリだけで卸先は7店舗もあるんです。そんな都市は他にはありません。それでも春にはパリに初めての直営店をオープンさせます。とはいえショールームがメインで、ここが海外の拠点。インディゴコンセプトでテ ーマは『日本の青』、弊社のカクブランドの他に、藍染めの小物や、デニムの着物など、日本の文化を紹介していきたいと思っています。パリには世界の人々が集まります。パリで地固めをして、世界に広げていきたい ですね」
KATSUさん主導の海外戦略。マーケットのないところにマーケットを開拓していくことを彼は使命感を持って遂行している。
「ヘリテージブームがいつまで続くかはわかりません。でも、ブームが終わったら日本のデニムが消えちゃうなんてことにはしたくないじゃないですか。そのためにはもっと広い視野で日本のモノ作りを広げていきたい ですね。うちもMOMOTARO、JAPAN BLUE、に続いてSETTO、SOULIVEといったコンセプトの異なる様々なブランドで攻め続けていきます」

KATSU MANABE
株式会社ジャパンブルー専務取締役。1979年生まれ。2008年にパリに移り住み、現在はパリと本社のある岡山、さらには東京を行き来する生活。
 
株式会社ジャパンブルー
JAPAN BLUE Co.,Ltd.
ブランド
桃太郎ジーンズ、コレクト、ジャパンブルージーンズ、ソウライブ、セット
BRAND
MOMOTARO JEANS,COLLECT,RANPUYA,JAPAN BLUE JEANS,SOULIVE,SETTO
http://www.japanblue.co.jp/
 
Photo by Maiko Naito 内藤真依子 Text by CLUTCH Magazine 編集部

MOMOTARO JAPAN BLUE

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ