HOME > Chief's Voice > Stuff第3弾が、間もなく発売になります。今度はわたくし松島と、ニック・クレメンツの私物で一冊。

Chief's Voice

編集長ブログ

2016.05.14

Stuff第3弾が、間もなく発売になります。今度はわたくし松島と、ニック・クレメンツの私物で一冊。

CLUTCH MAG vintage Books&Magazine

過去に編集長の私物コレクションを公開した本「Stuff」と「Stuff returns」を発売した。

松島睦<Lightnin,CLUTCH Magazine 現編集長、2nd 元編集長>
小池彰吾<Lightning 元編集長、CLUTCH Magazine 現編集主査>
小川高寛<Lightning 元編集長、Lightning 現ディレクター>
竹内 淳<CLUB HARLEY 現編集長>
三浦正行<2nd 元編集長、CLUTCH Magazine 現副編集長>
杉村貴行<2nd,Lightning 元編集長、Discover Japan 現編集長>

5 POCKETSという編集者ユニットを結成し、自分たちの私物コレクションだけで本を作った。
なんとも手前味噌な企画であるが、おかげさまで売上好調。ありがとうございます。

「こいつら、いったい誰?」と思う人は多いはず。でも、モノのカタログとしては成立してたのが良かったのかな(笑)
人物を立てているくせに、人物が出てこない奇妙な本。
みんな照れ屋なもんで。
まだ手にしたことがない! という人は
下記からご購入いただけます。
Stuff
http://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/clutch-b-400799/
Stuff returns
http://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/clutch-b-400800/

そして、いよいよ5月24日、第3弾『Stuff Ultimate』の発売です。
第3弾はわたくし松島とニック・クレメンツの私物で一冊。
ニック・クレメンツは英国人の編集者で「men's file」の編集長。
持ち物には並々ならぬこだわりがある。

過去最大ボリュームの320ページ
定価1500円+税

こんな感じで表紙を進めてます。

この本の出版に合わせて英国からニック・クレメンツ本人もやって来ます。
5月27日
渋谷TSUTAYA 7階
Stuff Ultimate 発売記念特設売場が設置され
実際に本に登場するアイテムも一部ディスプレイ。

さらに

500冊限定発売の「やってはいけない表紙」バージョンが購入できます。
なんだ、それ?

まずは、「やってはいけない表紙」とは…。
スイスでニックが私のポートレイトを撮影した。
これは2人の本の表紙用だから、と言われた。
そんな表紙、作らねえよ、と心の中でつぶやいた私。
ニックはその写真を送ってきた。ファイル名は「cover_photo_atsu」。
しつこいなぁ、と心の中でつぶやく私。
ニック自身のポートレイトも送られてきた。ファイル名は「cover_photo_nick」
おいおい、とつぶやく私。
表紙のデザインラフを考えたのは編集部のエンジェルAYANA。

私とニックのバッグでダブルフェイス。

斬新なアイデアだね、と伝える。
ニックの写真はプロフィールで使いましょう、とMy エンジェル。

表紙のデザインが上がってくる。

最終稿ができて、私のビッグボスに見せに行く。

ボス:人の本なのに、人の匂いがしないんじゃない?
私:……(感じていたことを言い当てられてしまった)
ボス:2人の写真とかでいいんじゃないの? 欧米じゃニックさんは有名人だし。
私:確かに。
ボス:顔、バーンみたいな。
私:タレントじゃないですから。
ボス:最近は、みんな自分を売り込んで商売してるじゃない。
私:そんなことしたら、本屋さんに行けなくなる
ボス:恥ずかしがってんじゃないよ。もう、オッサンなんだから。
私:オッサンだから恥ずかしい
ボス:このプロフィールで使っている写真、いいじゃない。コレだ、コレ。
私:ニックが表紙用にって撮った写真です。
ボス:だろ~。はい、やり直し! 生まれたところからやり直し!
私:実家に帰ります!

エンジェルと再び打ち合わせ。
私:どれがキミ好み?
エンジェル:えー、どれですかね?
私:販促ポスターを部屋に貼るとしたらどの写真?
エンジェル:ジュディマリと、ブランキーのポスターに並ぶことになります。
私:キミ好みの俺でありたい……。

そんな会話を経て、エンジェルが表紙案を持ってくる。


ダブルフェイス。

そして、私の決断。
一般流通はさせない!
限定500冊の特別「やってはいけない」表紙。
27日、渋谷TSUTAYAで購入できます。
1500円+税

そしてエンジェルが言う。「これで、いつでも逝けますね」と。
遺影じゃねえよ。

渋谷TSUTAYAで「やってはいけない」表紙のポスターも掲出されます。
顔に画鋲さしたり、落書きしたりしないでください。











  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ