HOME > Chief's Voice > スカジャン談義

Chief's Voice

編集長ブログ

2016.03.19

スカジャン談義

プロダクツ vintage

土曜日の渋谷。撮影の帰りに駅前を通過する。
凄い人ごみだ。
車を運転しながら、道行く人を眺める信号待ち。
何人も目に入ってくるスカジャン。
最近、渋谷や原宿でスカジャン遭遇率が非常に高まっている。
CLUTCH MagazineやLightningでは毎年のようにスカジャンの企画はやっている。
過去には、ヴィンテージに特化したスカジャン本を作ったり
スカジャンの元祖「テーラー東洋」が作る『JAPAN JACKET』という本に
長文を寄稿させていただいたりと少なからずスカジャン文化に親しんできた。
たぶん、最近では私ほどスカジャンを紙メディアに取り上げてきた者はいない。
しかし、モタモタしてると追い抜かれそうな勢い。
雑誌メディアもスカジャン攻勢に出てる。
既にメジャー女性誌ではスカジャンを着たモデルが表紙になったりしてると聞く。
若者の間でブームになっているのだ。
昨シーズンまではMA-1がブームだった。
しかし、90年代のブームほど爆発力がないのは最近の傾向。
ブームになると、逆に気恥ずかしくなって切れなくなっちゃうのが
我々世代なのかもしれない。
世の中がブームだろうとなんだろうと
好きなもんは好き。
僕ら日本人にとって、スカジャンは特別な服だから。
是非とも、私の作ったムック『スカジャン』を読んで、歴史の部分を知ってほしいが
この本、SOLD OUTの絶版本。
電子書籍化を前向きに考えたい。
さらにアップデートした歴史解説は前述の『JAPAN JACKET』に書かせていただいている。
こちらの本は書店ではなく、洋服屋さんでの取り扱いが多いので探してみて。
http://www.lightningclutch.com
でも販売されるらしいので、要チェック。

'50s VINTAGE


THE FLAT HEAD


TAILOR TOYO <Team Clutch Uniform>

TAILOR TOYO

TAILOR TOYO

JELADO<CUSTOM ORDER>
背中がもっと見たい?
5月になれば、秘密のプロジェクトでお見せしますから。
  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ