HOME > Chief's Voice > 「ヴィンテージオタク」談義

Chief's Voice

編集長ブログ

2016.03.18

「ヴィンテージオタク」談義

プロダクツ garments collection vintage

目下560ページ+付録60ページ+付録52ページ、
合計600ページ超えのライトニング22周年記念特大号

ナイキ・クロニクル・デラックス

傑作シューズインプレッション

クラッチブックス「ジャパンデニム」
の4連発校了の序盤。
編集部が24時間体制で慌ただしい。
滅多に弱音を吐かないTeam Lightning&CLUTCHのスタッフたちも
弱音の代わりに椅子寝が増える。
逞しく、頼もしいスタッフだ。
校了時の編集部は「超オタク会話」が飛び交う。
確認事項もオタク会話なら、息抜きもオタク会話。
ヴィンテージオタク会話で一服する、変な輩の集団だ。

どのジーンズのシルエットが一番好きか?
このターコイズはどこの鉱山のものか?
なぜ、78年のスニーカーに71年のタブが付いているか?
あの映画に登場した車は何年式だったか?
平和な会話。
平和じゃなくなったら我々の出版物はなくなる。
そんなオタク集団の長。
よりマニアックなコレクションを紹介

サスペンダーボタンにバックルバック。ポケットにはアーキュエイト
しかし、ポケットにはカッパーリベットが剥き出しに。
LEVI'S 501XXと見せかけてFOREMOSTというストアブランドのヴィンテージ。

何気にシルエットはこれが一番好き。

もっと世界を変えるような会話をしなくちゃいけない。


  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ